新聞奨学生のためのNPO

新聞奨学生制度の問題点

新聞奨学生制度の問題点

新聞奨学生制度は途中で辞めると、それまでに借りていたお金を一括で返済する契約となっています。実質的に途中で辞めることが難しい仕組みになっています。そこにつけ込む一部の悪質な販売店主が、募集パンフレットや労働契約の内容を無視し、過剰な仕事を押し付ける実態が少なくなく、学業に支障をきたしたり、断念せざるを得ないケースもあります。実際、過去に国会でも何度も問題視され、1990年には過労死事件がおき裁判がおこされています。

次ページ
新聞奨学生SOSネットワークとは

PAGETOP
Copyright © 新聞奨学生SOSネットワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.